女性性男性型脱毛症の特徴

こういった特徴があるとそれはfaga男性型脱毛症かもしれません。

頭頂部 

1 つむじあたりが薄くなってきたと感じる。

2 つむじあたりの薄さが広がってきた。

3 つむじあたりの髪の毛が明らかに減っている。

生え際M字ライン

1 生え際に産毛が増えてきた。

2 生え際が薄くなってきた。

3 生え際が明らかに広くなった。

女性性男性型脱毛症の特徴としてその初期段階は髪の毛が細くなったりダメージしやすくなったり、くせっ毛になったりすることがあります。

これは女性の中にある男性ホルモンが優勢になり、その男性ホルモンが髪の毛のヘアサイクルを乱し、髪の毛へ栄養が行きづらくなってしまっている事が原因です。

ですのでこういった症状が出ると中々ロングヘアにすることができなくなります。髪の毛をロングにするとダメージ具合や頭頂部などの薄さ具合がよりいっそう目立つためです。

ショートスタイルにすることで多少頭頂部などの薄さは目立たなくなると思いますが、早いうちからの治療や育毛をオススメします。

特に女性は年齢を重ねるごとに女性ホルモンが低下していきますので、遅くても40代までには何等かの予防対策をしていったほうが良いでしょう。

女性性男性型脱毛症fagaの初期症状

faga女性性男性型脱毛症になる前の兆しが頭部に現れ始めます。それはどのような兆しなのでしょうか?
初期症状としてまとめてみました。

頭皮の皮脂

皮脂が過剰に分泌するようになる

ホルモンのバランスが崩れると皮脂が過剰に分泌しやすくなります。

皮脂が過剰に分泌することで頭皮がベタつく

皮脂が過剰に分泌するということは男性型の体質によってきている可能性があり、脂性になりやすくなる場合があります。そのため頭皮が皮脂でベタつきやすくなることがあります。

頭皮が赤くなったり湿疹が出来る

皮脂が過剰に分泌すると雑菌が繁殖しやすい頭皮環境になり、それが原因で湿疹などの症状やかゆみが出てきます。

皮脂によって頭皮や髪の毛がてかる

過剰に分泌した皮脂や脂分によって頭皮のみならず髪の毛もてかってきます。これは髪の毛の艶とは少し違いmす。

頭皮や髪の毛から嫌な匂いがある

女性ホルモンが低下し男性ホルモンが増えることで脂性な体質になりやすく、頭皮に分泌した皮脂はにおいのもとにもなります。また放っておくと脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症といった別の脱毛症になる可能性もあります。

髪質の変化

髪の毛が細くなる

特に生え際はつむじあたりの髪の毛が細くなってきます。

髪の毛がくせっ毛になる

ヘアサイクルが乱れていることから髪の毛を生成するタンパク質が足りなくなり、乾いた感じのクセが髪の毛にあらわれます。

髪の毛がダメージしやすい。毛先がパサつく

女性ホルモンの減少で髪の毛の中の保湿力が低下し、さらにタンパク質も足りていないことから髪の毛がダメージしやすくなります。そしてパサつきます。

パーマをかけるとチリチリになる。取れやすい

女性ホルモンの低下でヘアサイクルが乱れており髪質が悪くなることから、髪の毛に様々な栄養分が足りない状態になります。そのせいで髪の毛はパサつき弱くなり、ハリ・コシがなくなります。それが影響してパーマなどの還元作用のある薬物処理が難しくなります。また薬物による耐性が髪の毛にないことから、直ぐにダメージします。

カラーの色ののりが悪い、もしくは取れやすい

髪の毛のメラノサイトが足りなくなり、髪の毛の色をつかさどる成分がなくなります。そのためカラーなどが入りづらく、自髪でも白髪が増えてくることがあります。

女性性男性型脱毛症fagaの原因とは?

頭頂部や生え際が薄くなった、くせっ毛が増えてきて髪の毛が細くなったという悩みを持つ方も多いと思うのですが、もしかしたらfagaの初期症状かもしれません。

faga女性性男性型脱毛症の原因は複雑です。主に挙げられるのが加齢やストレス、過剰なダイエットなどが発端となりfagaを引き起こしてしまう事があります。

また病気の治療のための薬物投与による副作用や妊娠、産後のホルモンバランスの崩れが発端になる事もあります。

もう少し詳しくそのワケを考えてみましょう。

加齢

加齢によってホルモンバランスが崩れ女性ホルモンが低下することがあります。その他にも女性ホルモンの異常だと更年期障害もそのひとつが原因だとされています。

ストレス

ストレスをうまく発散できないことで、自律神経のバランスが崩れホルモンバランスにまで影響することがあります。
ストレスは円形脱毛症も引き起こす可能性があり、日頃からストレスを溜めない生活を心がけましょう。

過剰なダイエット

女性によくありがちな過剰なダイエットです。ダイエットによって頭皮に必要な栄養素が送られなかったり、体調不良になる事もあります。特に自律神経に影響を及ぼすと拒食症や過食症などの怖い病気になることもあり、当然女性ホルモンにも影響が出てきます。

薬の副作用

これはある意味しょうがないのですが、抗がん剤などの薬物によって副作用があります。まずは病気の治療が最優先です。

妊娠 産後

妊娠や産後は女性ホルモンが著しく変化します。大体の場合は産後1年では抜け毛は減りますが、希に女性ホルモンの値が変化している可能性があります。1年たっても抜け毛が収まらない場合は治療が必要です。

女性性男性型脱毛症の原因にはもっと色々な原因があるのですが、主に代表的なモノを取り上げてみました。
びまん性脱毛症の原因とかぶる箇所も多くあります。

びまん性脱毛症と薄毛の種類 原因と改善方法

現在、薄毛に悩んでいる女性は日本人女性人口の約10%の女性が自分の頭の薄毛に悩んでいると言われています。日本人女性の人口は約6500万人位なのでその10%だと約650万、人日本人女性の約10人に1人が薄毛に悩んでいます。

その中でも女性の薄毛の原因とされる脱毛症は

びまん性脱毛症

産後の脱毛症

円形脱毛症

が女性の薄毛の原因の中では多いのではないでしょうか?

さて、今回はそのうちのびまん性脱毛症についての原因と治し方を説明していきます。

びまん性脱毛症は髪の毛が痩せていき、頭部のボリュームが後退していくような現象で、男性の脱毛症とは全く異なります。

男性の脱毛症の場合は、完全に生え際や頭頂部がなくなるのに対して、女性の脱毛症、びまん性脱毛症は頭部全体が薄く見えるというだけで、男性のように完全になくなるわけではありません。

また、女性の脱毛症はびまん性脱毛症だと決め付けているというか、ひとくくりにしてしまっている部分もあります。

びまん性脱毛症の中にも加齢が原因で脱毛する老人性脱毛症の意味が含まれていたり、ヘアサイクルの中の休止期の状態が慢性的に続く慢性休止期型脱毛症や、女性の中の男性ホルモンが女性ホルモンを逆転して起きる現象の女性性男性型脱毛症FAGAなどこれらすべてを現在「びまん性脱毛症」と呼んでいます。

なのでびまん性脱毛症だと自覚のある人は、びまん性脱毛症でもその中の何が原因なのかを見極め、それに対して治療していく必要があります。

さて具体的に突っ込んで原因を探っていくと

加齢

甲状腺ホルモンのバランス変化

更年期障害

ストレス

女性ホルモンの減少やバランスの崩れ

などが挙げられます。

さらにそのあと頭皮の環境はどうなっていますか?

フケは?

ベタつきは?

臭いは?

色は?

硬さは?

さて改善すべきは、自分の脱毛症がどんな脱毛症かを知り、その原因を知ります。さらに頭部に現れている頭皮環境をチェックしていきます。最後のフケ、ベタつき、臭い、色、硬さが自分自身で治療する事ができる唯一のケア方法です。

自分で治療するのにホルモンバランスがどうとか、ストレスがどうとかという問題を解決するのは極めて難しいので、まずは上記に書いたような原因を自分で治療することでびまん性脱毛症を出来るだけ早く治す事が出来るかもしれません。

faga女性性男性型脱毛症の治し方。

ファーガfagaは初期症状のうちに対策をしていけば症状の進行を防げるかもしれません。

むしろ今よりもより良い頭皮環境やヘアスタイルになると思います。

さてfagaの初期症状なのですが、おさらいとしてどういった兆候が見られたかというと、皮脂の過剰分泌、フケ、におい、かゆみ、ベタつきなどの症状でした。また皮脂の分泌が少ないと、カサカサフケやかゆみなど乾燥性の刺激を感じるようになります。

これらの両者がさらに進行していくと髪の毛がくせっ毛になったり、乾燥毛になったり、細毛から抜け毛へと進行していきます。

それもこれも女性ホルモンのバランスが崩れたり、女性ホルモンが減少して男性ホルモンが優勢になった時に頭皮のヘアサイクルが乱れ抜け毛が起こりやすくなるのがfaga女性性男性型脱毛症ということでした。

さて、ここからが本題なのですが、このfagaを治す方法はヘアサイクルを正常に機能させてあげれば良いのです。

しかし、どうやったらヘアサイクルを正常に機能させることができるのか?